スポーツスター サイドカバークリップ交換

20140531_1

シートを交換してからずーーーと気になっていた、左側のサイドカバーを止めるクリップ。
フレームが黒なのに何故クリップの色を灰色にしてしまったのか?
純正シートだと大きいのでクリップも隠れて目立たないんですが。

20140531_2

2006年に購入したパーツカタログだと品番は以下。
70416-04A・・・CLIP, side cover, front mounting
70417-04A・・・CLIP, side cover, rear mounting

高速で何度かサイドカバーが外れたことがありました。
デフォルトでフロント側は外れてます(まぁハーレーなんで。。。)。

で、ディーラーに取り寄せてもらったら、品番は下一桁がカウントアップしてて以下に。
70416-04D70417-04C。3回と2回改良がくわえられたんですね。

20140531_3

写真では分かりにくいですが、フロント側は外れてます。これデフォルト。
つか外れていることはどうでも良い。この色は無い、絶対ない。

20140531_4

で、交換後。やっぱ黒だと目立たないし最高。
で、パチンとはめてみてちょっと感動。
この小さなパーツの進化はすばらしい。

今まではクリップで鉄のカバーを直で挟んでいたんですが。
カバー側にも樹脂のパーツを付けて、フレーム側のクリップで樹脂を強固に挟む感じ。

今年は4回目の車検で、新車で購入してから8年目。
日本車であれば経年劣化に耐えられず、新車購入を考える時期だろうか?(というか飽きる)
ハーレーの場合、確かにサビなども増えてくるけど、エンジン・クラッチは新車の頃とは比べ物にならないくらいスムーズになるし。
益々愛情が増す感じ。

ここまで所有欲を満たす工業製品も珍しいと思う。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

No Comments Yet.

Leave a Reply