Android 複数プロジェクトを一つのソースで管理する方法

有料版と無料版の2つのapkを作成する場合、2つのプロジェクトを作成しないとですが
以下の方法で一つのソースで異なる2つのapkを作成できます。

  • 手順1.3つのプロジェクトを作成
  • ・testCore・・・実際のプログラムを記述しているプロジェクト(ライブラリ)
    ・textPay ・・・有料版のapk(testCoreライブラリを参照)
    ・textFree・・・無料版のapk(testCoreライブラリを参照)

  • 手順2.textPayとtextFreeのManifestを編集し、testCoreのActivityを参照するように設定
  • ※testCoreのActivityを指定する場合、パッケージ名を含めて指定するのがポイント。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        package="com.hoge.pay"
        android:versionCode="1"
        android:versionName="1.0" >
    
        <uses-sdk android:minSdkVersion="4" />
    
        <application
            android:icon="@drawable/ic_launcher"
            android:label="@string/app_name" >
    
            <!-- coreのActivityを指定 Start -->
            <activity
                android:label="@string/app_name"
                android:name="com.hoge.core.TestCoreActivity" >
                <intent-filter >
                    <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
    
                    <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
                </intent-filter>
            </activity>
            <!-- coreのActivityを指定 End -->
        </application>
    
    </manifest>
    
  • 手順3.testCoreのライブラリ化
  • 「testCore」を右クリックし「プロバティー」-「Android」の「Is Library」にチェックを入れる

  • 手順4.ライブラリの参照設定
  • 「testFree」を右クリックし「プロバティー」-「Android」の「追加」ボタンを押して「testCore」を選択
    「testPay」も同様に。

    testFreeとtestPayをビルドすると2つのアプリが作成されます。

    なお、この発想自体、以下のサイトを参考にしました。プログラムで無料、有料の判別方法なども記載されています。
    無料アプリと有料アプリのプロジェクトを管理する

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    No Comments Yet.

    Leave a Reply