ハーレーのテールランプをLEDに交換

 

 
 

ハーレー始動時のセルを回すのに当然電力が必要になるのだが。
純正バッテリーを頻繁に充電していても大体3年位で弱々しくなってくる。
なんとかならないかな?と思い、結論としてLED化することにした。

一時期ヘッドライトはキャンセラー(イグニッションONではヘッドライトはポジションランプのみで、ハイビームでヘッドライトON)を付けてたが、車検非対応。
ならば、消費電力を抑えるしかない。
ってことでテールランプもLED化した。

現状はこんな感じ。
このテールランプのバルブ、17年前に新車で購入してから1回も交換しなかった。とんでもなく長持ちするんだな。
光り方はLEDじゃない方が好きなんだが(LEDの細かくいくつも光る感じが嫌い)。
LEDでコンパクトに出来るのと消費電力が抑えられるのが最大のメリットだと思う。

大きな声じゃ言えないが、リフレクターが嫌い(ダサい)ので車検時以外は外してるのだが。
昨今、結構チェックしてるっぽいのでCB400SSにも付けてたデイトナのリフレクターを購入。
やはりナンバープレートの下がおさまりが良いのだが。

固定するネジの長さ等々でしっかり固定出来ないので上にした。
俺のカスタムの方向性としてモノクロにしても見た目が変わらない事!というのがあるのだが。
要は白と黒以外は排除したい。

テールランプの赤は排除できた。
残るはリフレクターのみなのだが、今現状の規制では実現できなさそう。

にしてもテールランプがコンパクトになって、リアが非常に良い感じでしまった。
大満足!

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Count per Day

  • 1323303総閲覧数:
  • 312今日の閲覧数:
  • 219昨日の閲覧数:
TOP