ハーレーのホイールのサビ落とし

 

 
 

今のマンションに引っ越す前は基本屋外でカバーをかけてる状態で保管だったので、ホイールがサビサビに。
フロントのスポーク ホイールのサビは本当に酷くて、ホイールごと新品に交換するかを何年か前から検討してた。
リムに関していえば、ほぼサビで表面がザラザラでフクピカとかでも拭けない状態。

てっきりメッキが完全に剥がれて地肌がサビてると思ってたんだが。
どうやらメッキは無事で、その上にサビがあるっぽい。
ただサビが10年以上放置したもんだから分厚い。
ってことでずっと放置してた。

が、最近車検はディーラーに丸投げなのだが。
毎回ピカピカで返ってくるのだが、ちょっとずつサビが減ってるような。
『これ実は落ちるんじゃね?』ってことで、色々やった結果を。

サビの状態によってケミカルを使い分ける

俺は結局3種類のケミカルを購入したがサビによって使い分けるのが良いかも。

軽いサビ

花咲かG

例えばツーリングに行って雨に振られて、帰ってきたけど放置してカバー掛けて。
次の週末に見てみたらポツポツ錆びている!という場合は、花咲かGが良いかも。
あと花咲かGは塗ると表面に皮膜を作ってくれるのでメッキをコーティングするのには良いかも。

裏を返すと、分厚いサビは落ちない。
ただ、これはジェル状なのでホイールとかだと垂れなくて良いかも。

分厚いサビ

ソナックス ホイールクリーナー エクストリーム

結論から言うとソナックス ホイールクリーナー エクストリーム一択!
これが良いのは、ジェル状なこと。
なのでホイールとかのサビ落としの際、流れ落ちない。
これ、スプレー式なので最初はスプレーでやってたが、スポークホイールだと、ほぼ大地に吹くだけになるので、皿に空けてハケで塗るのが良い。
これはブレーキの鉄粉も取れるし、汚れも落ちてピカピカになる。

サビ取り職人

ソナックス ホイールクリーナーが汚れ落としもできるクリーナーなのに対し、サビ取り職人はサビに特化した感じ。
ただサラサラの液状なので流れ落ちてしまう。
そういう意味でソナックス ホイールクリーナーの方が良いかも。

これ、使い方には錆びてる部分に直接掛けて・・・とあるが液状なのでうまく掛からない。
なので100円ショップで皿を買ってきて、そこにあけてハケ(俺は35mmを使用)で塗る。
塗ると色が紫になるので、ナイロンブラシでゴシゴシ。
これを2-3回繰り返して、水を掛けてケミカルを落として布等で拭く。

どのくらい落ちたか?

結局、サビ取り名人はほぼ1本使い切った。
ソナックス ホイールクリーナーは半分位使った。
何日にも分けて結局10回位繰り返しただろうか?

サビ落とし前

過去の画像を見返していたが、ちょうどロードバイクを購入して、ほぼハーレーを放置状態、かつ当時の駐輪場がマンションの1階だったが、壁がなく、前輪がほぼ外に出てるような状態の時。
この時に一気にサビたっぽい。
もっとサビサビだった印象だがバイアスがかかっていたのかも。

サビ落とし後

スポーク3本位、分厚いサビでどうしても落ちないのがあるのだが。
肉眼だと結構落ちた。リムはほぼほぼ錆が取れた。

一旦これくらいで良いかな、と。
結構満足。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

Count per Day

  • 1323315総閲覧数:
  • 324今日の閲覧数:
  • 219昨日の閲覧数:
TOP