不調の原因が分かった!!

100518_1.jpg
北米純正マフラーの穴あけ以降、全くセッティングが出ない。
症状は、エンジンが冷えている状態や、高回転時は問題ないが
エンジンが温まってくると、アイドリングの不安定、シフトダウン時のエンスト。
原因はCKP(クランクポジションセンサー)の不良でした。
04年式から07年式のスポーツスターで多い症状だそう・・・。


不調な時期と、マフラーの穴を大きくした時期がほぼ一緒の為、キャブのセッティングが出ていないと判断し、メインジェット・スロージェットの交換・ミクスチャーの調整をしてたんですが、全く改善されず。
マフラーをノーマルに戻して、メインジェット・スロージェットの番手を下げてみるが改善されず・・・。
何気にネットサーフィンしてたら見つけました!
同じ症状!!
こっちにも!
原因はクランクポジションセンサー。
あっこれ納車後に交換した部品だ。
確かここから、ミッションオイルが漏れていた。
その時のブログ記事
主に熱でやられちゃうみたいです。
この時は、何のセンサーか分からなかったけど。
点火タイミング(クランクシャフトの回転)を感知し、イグニッション・モジュールへ点火タイミングを送信してるそう。
元々はタイマーカバーの中にあったんだって。
なーるほど、この前開けたら、何もなかったけど、その名残なのね。
クランクポジションセンサー
品番:32804-04B(webに載ってた品番。883用?)
品番:32707-01B(パーツカタログに載ってた品番)
品番:32707-01C(下1桁がカウントアップしてるから何かしら対策したのかな?)
と、ここまではパソコンの前で原因究明。
早速、自己診断でエラーコードを表示してみると・・・。
100518_2.jpg
ビンゴ!!
エラーコードP0374が出てました。
他にもU1097ってのも出てたけどイマイチよく分からん。笑
P0374・・・CKP(クランクポジション)センサーのタイミング外れ
U1097・・・スピードメーターシリアルデータなし
自己診断の方法はこちらを参考にさせて頂きました。
この症状、結構多いみたいです。
ってことで、この症状にお悩みの方!自動車不具合情報受付フォームから書き込めばリコール対象になるかもしれません。
ディーラーに持ち込んだら2万5千円ですよ!アホらしくないですか!奥さん!
・・・もちろん俺はパーツ取り寄せて自分で直しますが。
長かった、ホントに長かった!
これでやっと気持ちよく鉄馬でかっ飛ばせるぜぃ!!
あっあと今回色々調べてて驚いたのが、ノーマル車の2000回転前後のトルクの谷に気づいてない人が以外に多いこと。
俺は、あのモタモタ感に耐えられなくてマフラー交換したんだけど。(排気音がショボいってのもあるが)
ちょっとビックリした。
同じ症状の記事一覧

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 Responses to "不調の原因が分かった!!"

  1. […] 前回の記事 早速、新品のクランクポジションセンサー(CKPセンサー)を注文するも、アメリカへ発注する為、納期は1ヶ月後とのこと。汗 今年もユーザ車検で通そうと思っているが、ぎり […]

Leave a Reply